未分類

ビットコインのリスク

ビットコインのリスクとはビットコインのリスクには主に以下のようなものがあります。

・相場変動(価格変動)リスク
・取引の取り消し不可リスク
・取引履歴公開リスク
・ウォレット管理リスク
・取引所破綻リスク
・ブロックチェーンのシステム上リスク

リスクの内容(6種類)相場変動リスク
ビットコインは独自に価格を形成する為、日本円に対し価格が変動します。
その為1BTC(ビットコインの単位)が200万円だったとしても、明日には1万円にしれません。
世界的に流行しているとは相場が大きく変動します。

取引の取り消し不可リスクビットコインは送金をしたら仮に間違えたとしてもシステム上、取り消すことができません。
銀行振り込みであっても取り消すことはできませんが大金の場合は銀行が対応してくれる(組み戻しなど)事もあるでしょう。

個人情報がその公開された情報に紐づいているわけでは無いので個人が特定される可能性は限りなく低いですが、理論的には個人を特定する事が可能です。
推奨されるのは「同じビットコインアドレスを毎回使用しない事」とされています。
ビットコインアドレスはいくつでも無限に作成できるので利用毎に作成しましょう。

ネットに接続されているホットウォレットは場合など、盗難の被害にリスクが常にあるので、基本的に多額の資産はコールドウォレットで管理しましょう。

仮想通貨取引所が銀行と異なり基本的に保証はしてくれません。
その為、取引所内にビットコインを保管するのは危険なので前述した「コールドウォレット」内に多額のビットコイン(仮想通貨)は保管するようにしましょう。

ブロックチェーンのシステム上リスク
ブロックチェーンというシステムを採用しているために取引に攻撃をされる可能性がゼロではありません。
話なのですが、ビットコイン取引には他のユーザーの「承認」作業が必要になります。
このような事態がどのくらいの確率で起こり得るのか、知っておく事はとても重要なリスク回避になります。

まとめ以上がビットコイン特有の主なリスクです。

ビットコインは価格変動率が高いですので全財産をつぎ込むようなことはせずに、余力資金で始めるのがベストだと思います!

https://xn--eck3a9bu7culm92uc2stqg.club